ドイツペリンガー社について

1864年からボックスカーフのみを専門とし代々継承されてきた なめし技術、しかも仕入れる原皮まで、何を食べて 育ったのかまでもこだわっています。 チェコ共和国まで1kmのドイツ東部に 「LUDWIG PERLINGER GmbH」(ペリンガー社)はあります。

ドイツ・ペリンガー社について

ドイツ国内においてクロム鞣し、カーフ判(日本ではキップ判)を専門に鞣している唯一のタンナーの商品です。

厳選された原皮を使い、独自の製法で革づくりをしています。

例えば、原皮選びにおいては牛が「何を食べて育ったのか?」という点にまでこだわりを持ち、また鞣しにおいては革の内部のPH濃度を一定にさせる為、鞣した後しばらくエイジングさせるなど、他のタンナーではやらないことを行っています。

この素材は元々、ヨーロッパのハイブランドが要求する基準に従い開発されたため、素晴らしい染色技術とヨーロッパの革には珍しく色止め加工が施されています。その高い技術力の証として、世界で最高峰のハイブランドとの間で活発に取引されています。

また、環境問題に厳しいヨーロッパにおいて、多額の費用を掛けて
排水処理施設、ごみ焼却施設を完備して環境に配慮しているという点でも、
名門タンナーと呼ばれる所以が明らかです。

商品名 : ドイツシュリンク革/牛/丸革
なめし : クロム
仕上げ : セミアニリン仕上げ
原産国 : ドイツ